「まなびと」について

人が学びたいと思うのは、きっと自分の中の「足りない何か」があるからです。
人が学ぶことを楽しいと思うのは、さっきまでの自分にはなかった「何か」を手に入れるからです。

知識を入れることは本を読めばできます。インターネットで様々な情報を手に入れられる今、調べればわかることは沢山あります。でも、だからこそ「調べてもわからないこと」を知ることが難しくなった世の中になりました。

学びは生きるために必要なことです。ほとんどの人はつながりの中で生きています。ならばつながりの中でしか、生きるために必要な学びは、生まれないのではないのでしょうか。

まなびとは、学びを求める全ての人を応援します。

まなびとでは、次の三つのことをテーマに、学びの場づくりを行っています。

  • 既存の教育プログラムにおいて学びづらさを抱える人へのフォロー。
  • 教育の場と社会を繋ぐことで、社会で生きる、社会を活かす力を持った人材を育成すること。
  • 学びの場を持続可能な形で地域に創り出すこと。

自分が社会でどう生きるか、あるいはどうすれば活躍できるのかを学びたいと思っている人は少なくありません。ところが、個人の中で課題を多く抱える人ほど、そもそも人と関わる機会が乏しく、自分が得たい「学び」を、自分の力で獲得していくことが難しい状況にあります。

例えば、周りと比べて難しい状況や課題を抱える子どもたちや、地域に住む日本語が話せない外国人は、地域と関わる機会を持つ事が難しく、教室の片隅や、小さなコミュニティの中でしか生きられないのが現状です。

人との関わりを必要とし、そこで学ぶ必要があるはずの彼らの現状を変え、彼らを支えることによって、今よりも魅力的な社会となるための大切な学びを社会全体が得ることができるはずだと考えています。

地域の中で、「人が関わる学び」を必要としているのは、困難な状況にある人だけではありません。「誰かのために」という思いで「何かをしてみたい」と思う人が、大学生、社会人を問わず、地域には沢山います。そういった人たちの思いを、「人が関わる学び場」に確実に繋げることも、まなびとの大切な活動です。

皆が自分と誰かのために学び続けられる環境であれば、困難な状況にある人のための学び場が無くなることは無いと考えるからです。むしろ、人の「学びたい」気持ちがこの活動をもっと大きくしていくことで、より多くの人に学び場を届けたいと思っています。

まなびとは、「学び合う」ことを大切に、まずは「自ら学ぶ」ことから始めます。 「教えるプロ」は専門性が問われますが、「学びのプロ」は誰でもなれます。 まなびとは、誰もが当たり前に学び合える社会を目指します。

理事長中山 迅一 (なかやま ときかず)

1984年 (昭和59年) 兵庫県神戸市生まれ

  • 神戸市西区月が丘小学校卒業後、私立甲陽学院中学・高等学校へ進学。
  • 高校卒業後は1年の浪人生活を経て、京都大学文学部へ進学。
  • 7年の在籍期間を経て、佛教大学教育学部へ編入。
  • 佛教大学在籍中に神戸大学を拠点とするNGO、PEPUPの活動に参加し、社会的活動の意義を学び、自ら活動していくことを決意。

より良い社会のためのより良い活動、より良い生き方を学び続けること、その為の自分の学びの場を作ることが第一歩だと考え、「まなびと」を立ち上げた。

理事
山下 和希
理事
道場 晴佳
監事
太田 和宏
神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授
2013年9月1日
学際団体IROHA 設立
2014年1月10日
放課後支援教室アシスト始動 妙法寺校開校
2014年1月22日
任意団体 まなびと設立 (学際団体IROHAは学際IROHAプロジェクトに変更)
ビッグイシュー同好会立ち上げ
2014年4月
日本語教室だんらん立ち上げ
2014年6月
放課後学習支援教室アシスト 甲子園校開校
2014年7月
放課後学習支援教室アシスト 苦楽園校開校
2014年12月
特定非営利活動法人まなびととして法人登記
2014年
法人格取得
2014年12月
放課後学習支援教室アシスト 摩耶校開校
2015年3月
放課後学習支援教室アシスト 苦楽園校閉校
2015年4月
放課後学習支援教室アシストを放課後学びスペースアシストに改名
2015年7月
放課後学びスペースアシスト 妙法寺校閉校
2015年10月
放課後学びスペースアシスト 学園都市校開校
2016年4月
放課後学びスペースアシスト 六甲校開校
2017年度
2017年度事業計画PDF 2017年度活動予算書PDF
2016年度
2016年度事業報告書PDF 2016年度活動計算書PDF 2016年度事業計画PDF 2016年度活動予算書PDF
2015年度事業報告
2015年度事業報告書PDF 2015年度活動計算書PDF 2015年度貸借対照表PDF
2014年度事業報告
2014年度事業報告書PDF 2014年度活動計算書PDF 2014年度貸借対照表PDF