日本語教室だんらん

日本語教室だんらんは、日本に住む外国人が、地域の日本人と日本語を一緒に勉強することで、支え合える仲間と、社会進出のための日本語スキルを得られる日本語教室です。

日本に来てみたけれど、なかなか日本人との接点を持てず、毎日学校や仕事先と家の間を往復して過ごすしかない。そんな外国人が、地域で日本人と関われる場を得ることで、そこから言語をはじめ、日本について一緒に学び、また安心して日本での生活を送ることができるようになります。

生まれ育った国から出て、慣れ親しんだコミュニティから離れて生活している外国人に、まずは日本の社会の中で安心感を得てもらいたいと考えています。そのために、日本人と定期的に関われる場所を提供します。さらには、その場所だけではなく、教室の外でも自分の気持ちが相手に理解され、受け入れられることで、自分のやりたいことに挑戦できる様、「伝わる日本語」の習得を目指して、一人ひとりに合わせた授業を届けています。

日本に来て、その人が何か一つでも「日本に来たことには意味があった、来てよかった」と思ってもらえるようなことを成し遂げてもらいたいと考えています。

日本には世界中からやってきた多くの外国人が住んでいます。歴史的に見ても外の国から多くのことを学んできた日本に今なおこれだけ多様な人がやってきてくれることは、日本の社会にとって大変貴重なことです。けれども、地域社会の中では外国人の方と地域の人との交流がまだまだ盛んだとは言えない現状があります。ですが、そんな状況の中でも「日本語を学びたい」と思っている外国人の方がいます。彼らはとても勉強熱心で、日本のことが好きで、言語や文化の違いなどの国際交流における障壁を乗り越えてでも、もっと日本社会と関わりたいと考えています。彼らが日本語を学び、日本社会の中で人のつながりを得ることで日本が他の国から学び、より良い社会を目指すことができるチャンスが広がります。

そして、この活動にはもう一つの意義があります。それはホスピタリティです。外から来た人に対してその違いを受容し、歓迎し、社会の中に居場所を得てもらう精神が地域社会に浸透すれば、その精神は地域社会の内側で生じている人と人との隔離や断絶に対しても向けられるものだと考えています。古い価値観を当たり前にせず、新しい価値観でより多くの人を受容できる社会になれば、一人ひとりが安心してその人らしく生きられる社会につながると考えています。

関連記事