日本語教室だんらん

神戸大学三回生 国際文化学部 地域文化論講座

竹田 真子

コミュニケーションについてや国の歴史などの勉強をしています。
月曜日のだんらんに所属しています。
バイトを探していたところ、アクティボを見つけて、その中でこの団体を知ったのがきっかけでした。活動内容を見て楽しそうだと思い、新しいことを始めたいとも思っていたので始めてみようと思いました。
ボランティアに対して「何かをしてあげる」や「指示されたことをする」というイメージがありました。それとNPO法人というのがどういうものなのか知らない状態でした。
想像していたより生徒と友達感覚で接することができ、スタッフも大学生が多くて友達が増えました。また、活動の中でいろんな人の意見を聞くことで自分の考えが広がった気がします。
生徒ともスタッフとも楽しい話と真剣な話の両方を話し合えるような友達が増えたことです。また、活動の中で生徒がまた来たいと言ってくれたり、一時帰国した生徒がまただんらんに行けるのを楽しみにしてるというのを聞くと嬉しいです。プライベートでも私が所属してる部活の演劇を生徒が観に来てくれたりするのも嬉しかったですね。
例えば「海に行きたい」と「海へ行きたい」の違いなど、日本人が意識せずに使い分けていることを改めて聞かれるとどう答えていいか分からず戸惑ってしまうことがありました。
生徒からプラベートでもご飯行こうって誘われることや、日本語があまり分からない生徒に言いたいことをうまく伝えられた時楽しいと感じました。
生徒ともっと仲良くなりたくて、自分たちができるもっと仲良くなる方法を考えて行きたいと思います。
まなびとはアットホームな雰囲気で、いろんなことを話し合える場所です。楽しい話も大事な話も両方できて、そんな環境が私の周りにはなかったので、本当にやっててもよかったと感じています。ちょっとでもやりたいと思ったらぜひ来てください!
まだ決まってませんが、国際系の仕事がしたいと思ってます。なので、今の目標は何をやりたいかを見つけることです!
インタビュアー : 金子 夏実
2018/11/03