放課後学びスペースアシスト

大阪市立大学院一回生 法学研究科 法曹養成コース

日下 大輔

弁護士になるために法律の勉強をしています。
放課後学びスペースアシストの甲子園校で教室の運営やミーティング進行をしており、目標アプローチに取り組んでいます。
社会人から大学院生になった時、毎日がバイトと勉強に追われていました。その時、「何か新しいことを始めたい」と思い、アクティボというサイトで見つけたまなびとに自分でもできるかなと思い入りました。
これなら自分にもできるかなという思いと、学生の中に入って活動することに対する不安も少しありました。
入ってから一人で任されることも増えて、自分のやりたいようにできる嬉しさと、自分が考えたことが形になっていく嬉しさなど、嬉しいことがたくさん増えました。
もともとなんでも一人でやりたいという性格だったんですけど、入ってからは以前より周りを見れるようになり、みんなで協力してプロジェクトを進めていけるようになりました。
生徒の成長が見れたり、生徒の方から話しかけてくれたり生徒の変化を身近に感じられるのがすごく嬉しいですね。
教育に正解はないので、大人数で一つのことに向かっていくことは楽しいことでもありますが、難しいと感じることでもあります。
やはり自分がやりたいと思っていたことが実際に形になっていくことですね。それとミーティングなどで他のスタッフと話せるのも楽しいです。
これからも今まで通り生徒を第一に考えて取り組んでいきたいと思っています。それと同時に活動を通して自分の能力も伸ばしていきたいです。
この団体が何をやっているのかわからないかもしれないが、毎回スタッフ同士で必死に話し合いをし、一生懸命に教室づくりに取り組んでいます。大変ですがとても楽しくて、とても居心地の良い場所です。
将来の夢は弁護士になること!!
インタビュアー : 幸亜 優美
2018/11/03