日本語教室だんらん

神戸大学三回生 海事科学部 グローバル輸送科学科 海事マネジメントコース

山口 真吾

航海学といって、船の運航に関することを勉強しています。
水曜日のだんらんに参加していて、外国人に日本語を教えています。
2回生の夏まで部活をしていたんですけど、やめてしまって、それからしばらく何もしていない状態に違和感を覚えていました。それでも新しくサークルや部活に入り直すのも何か違うなと思っていた時に、この団体をアクティボで知り、英語力を試してみたいという理由もあって後輩と話し合って一緒に参加することにしました。
ためらいはありましたが、英語は得意で、教える機会も今までにあったのでそこまで大変なことはないだろうと思っていました。それと他の大学の人たちと関われるのが魅力的だと感じてましたね。
実際に教える中では意外と英語を使う機会もあまりなく日本語だけで教えることが多かったですが、日本語が苦手な生徒たちに対しては英語を使って教える場面もあり、良い経験になりました。
あまり受け持ったことのない生徒からもフレンドリーに接してもらった時は嬉しかったです。
日本人が自然と使い分けている日本語の違いをうまく伝えるのが難しかったですね。
普段あまりできない外国人とのコミュニケーションがだんらんに参加することで毎週のようにできているのが楽しいです。
いろんな生徒に教えたり、会話する中で色んな国の文化に触れていきたいです。あと今までそれぞれの生徒に対して同じような日本語レベルで教えてしまっていましたが、生徒のレベルに合わせた教え方ができるように努力したいです。
部活やサークルに入っていない人は学生のうちにしかできない活動に参加して、色んな価値観に触れるべきだと思います。だんらんでは色んな人たちの色んな考えに触れることができるので、ぜひいらっしゃい!
英語が得意なので、英語力を活かせるような仕事に就きたいと思っています。
インタビュアー : 畠中 春樹
2018/11/03