神戸こども探険隊

「絵」を使ったゲームをしました!

活動報告

探険隊の子どもたちは絵を描くことが好きな子が多いです。そのため今回の全体ゲームは相手に伝わるようにお題の絵を描くゲームをしました。

まずは、スタッフが用意した箱の中からお題の書かれた紙を一枚引きます。
箱の中には「風船」「うさぎ」「ロケット」など様々なお題が入っています。

お題を引いた子どもたちは「これどんな形だったっけ??」「むずかしい~」と言いながらも、試行錯誤してみんなが分かるように頑張って絵を描いてくれました。

例えばこの子のお題は「ロケット」。
ロケットが発射する様子を、煙を描いて分かりやすく表現しています。

他の子どもたちから「わかった!ロケットや。めっちゃわかりやすい!」と言われて、とっても嬉しそうでした。

また、今回のゲームは自分が絵を描くまで「順番待ち」をしなくてはいけませんでした。最初は少人数で行っていましたが、だんだんとやりたい子どもたちが集まってきたとき、最初からゲームに参加していた子たちがまだ絵を描いていない子たちに順番を譲ってくれました。また、自分の番が来るまで順番を守ることができました。