月曜だんらん(2018年5月7日)

活動報告

今日は初めにペアになって生徒さんの学びたいことをした後、みんなでグループコンテンツをしました。

今回は慣用句を使って劇をして、三択の慣用句から、どの慣用句が当てはまるか当てるゲームをしました。出てきた慣用句としては、「顔を売る、感無量、手に余る」などです。

生徒さんたちは慣用句をどのようにしたら分かりやすく表現できるか考えていました。
慣用句に初めて触れる生徒さんも多く、考えるのは難しかったようですが、その分問題に正解した時はうれしそうでした。
慣用句の意味を理解したら早速コンテンツが終わった後に、そこで出てきた慣用句を早速使って会話していました。

慣用句の意味を理解してもらうのは少し難しかったですが、演技をすることを生徒さんたちは楽しんでくれました。