神戸こども探険隊

投稿日: カテゴリー: 神戸こども探険隊

神戸三宮エリアの子どもたちの遊び場・学び場づくり

小学校合併によって一つの小学校区が著しく広くなった神戸三宮エリアにおいて、子どもたちの安全・安心な遊び場・学び場づくり。繁華街や観光地に囲まれる中、子どもたちが地域に出てきて、その地域ならではの人のつながりや文化体験を得られるように。


放課後、家で過ごしていた子どもたちが同じ場所に集い、多世代交流が生まれる。

取り組み内容

神戸こども探険隊では、神戸三宮エリアの子どもたちの為に、「学習支援」と「人との関わり」を届けています。

学習支援

家で一人で過ごしていると、なかなか宿題も手につかない子どもたちが、ここへ来るとまず宿題をしてから遊びたいと言ってくれます。誰かがそばにいることが子どもたちのモチベーションにつながります。


様々な国籍の方が参加されている中で、日本語という共通言語を作っていくことが、教室内外に人のつながりを生んでいます。

人との関わり

子どもたちにとって、学年が同じ学校の友達や家族とは違う、多世代との関わりは学びの連続。ここでしか生まれない関係を少しでも多く感じてもらう為に、一緒になって同じ時間を楽しむことができるような働きかけを行っています。


自分たちが創る、自分たちのための場所。その為にルールも自分たちで考えています。

もっとこの地域の子どもたちの為に。

神戸こども探険隊では、週1回の活動にとどまらず、地域のイベントにも積極的に参加することで、この地域の子どもたちに少しでも多くの体験を積み重ねてほしいという思いで活動をしています。


子どもたちが、自分たちで地域を遊べるように。


子どもたちの笑顔の為に、みんなが一つになれる地域づくりを。